『探偵!ナイトスクープ』(たんてい!ナイトスクープ、英称:Knight Scoop)は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)[注釈 2] の制作により、1988年3月5日から放送されている視聴者参加型のバラエティ番組である。2008年9月19日放送分以降からハイビジョン制作。通称「ナイトスクープ」。, スタジオをひとつの探偵事務所(番組では“探偵局”と呼称)に見立て、視聴者から寄せられた依頼を、探偵局員が調査依頼した視聴者と共に調査し、その過程のVTRを流す。, 個性的な依頼者などが時に登場し、依頼者の中には一般人として番組に出演した後に、著名人となって各分野で活躍する者も登場した。また、取材先のその場で出会った者が探偵よりも視聴者の目を奪う程の個性を発揮することもある。, 番組中では一般人への応対や扱いに一定の基準が存在し、これも視聴者の支持の要素となっている。, 過去に2度(1990年「アホとバカの境界線を探せ」と2001年「素晴らしき車椅子の旅」。いずれも探偵は北野誠)、日本民間放送連盟賞最優秀賞を受賞した。, 依頼内容は、人捜し、物捜し、場所捜しのような本格的な調査を伴うものをはじめ、街頭調査や現地リポート、実験を伴うものもあるなど多岐にわたる。単独では放送時間が稼げないようなちょっとした依頼は「小ネタ」集としてまとめて放送される。, 年に数回は「総集編」や「プチアカデミー賞」と称して、過去の面白かった依頼や、もう一度見たい依頼を3-4本まとめて放送している。, 出演者は、1994年頃までは局長・秘書・顧問・探偵と通常版と同様であったが、後に局長・秘書・顧問は出演せずに探偵のみが出演する形になった。, 長年におよぶ放送の中で5,000を超える依頼が扱われている。また、番組が全国で放送されていることもあって、全国各地から毎週ハガキ依頼が200から300通、メール依頼が約100通寄せられている。, VTR中では、本題の依頼と別の依頼とを組み合わせて放送することもある[注釈 3]。, 2014年4月11日より往年のモノラル制作(モノステレオ放送)からステレオ制作(フルステレオ放送)[注釈 4] に変更され、2014年10月3日より朝日放送テレビのみ解説放送(ステレオ二重音声)が実施されている。, 初代プロデューサーの松本修によると、番組を立ち上げたきっかけは、当時鋭い語り口で人気となっていた上岡の「当意即妙のコメントを活かした番組を作りたい」という思いだった。, 当時は上岡のように本音をズバズバ言う芸人は希少であり、上岡の才能を活かすべく立ち上げた番組であった。そこで、上岡に対して調べてきたVTRを観てもらいプレゼンする番組にしたく、視聴者からの依頼を出演芸人たちが探偵となって解決に導くスタイルが生まれた。, 視聴者も、始めは探偵の立場でVTRを観るが、それを観終わると今度は局長側に立って観るという『二重構造』の番組であり、のちにフジテレビの「とくダネ!」がこの『ナイトスクープ』のフォーマットを踏襲するなど、当時のテレビ番組としては前例のない画期的なスタイルであった。また、その後のテレビ業界において本音をズバズバ言うタレントや番組が増えていく契機ともなった[2]。, その後局長のいない空白期間を経て、2001年1月より2代目局長として西田敏行が就任する。西田の代名詞である「泣き」のスタイルは西田自身が生み出したもの[3] で、番組サイドから「泣いてくれ」と依頼したことは一度もなく、桂小金治以来の「涙」のスタイルをテレビに持ち込んだ[2]。, 番組視聴者からの依頼に基づく調査を行い、解決する係。探偵局員の多くは主に近畿圏で活動する男性タレントが務める。, 2018年後期以降は間寛平以外の探偵でも時折1人か2人程スタジオに出演しないことが多くなってきている。これはその日の収録分においてその探偵が担当していない依頼が放送される場合に限っている。, 立原啓裕探偵の退局を受けて、2005年に後任を選ぶオーディションとして新探偵を選ぶ企画がスタート。カンニング竹山、南海キャンディーズ山崎、シャンプーハットのほか、KABA.ちゃん(2005年6月17日)、安田大サーカス(2005年8月12日)が調査を行った。, 番組開始当初は弁護士でもあった中島健仁1人がレギュラー顧問として登場していたが、中島が退局後は関西に縁の有るタレントや文化人が準レギュラーとして出演する現在の形になった。, 西田局長就任以降は出演映画等のプロモーションを兼ねて人気俳優・歌手等が顧問として登場することが増えており、タレントによってはゲスト出演がスポーツ新聞の芸能欄で報じられることもある。, 番組初期は、硬い社会派ネタを取り扱うことが多く、現在のようにゲストとして登場するような役割ではなく、専門的な知識を持つ人物がアドバイスを行うという役割で顧問が登場した。そのため、このころの顧問として登場した人物の大半が弁護士、大学教授、議員や文化人といった面々であった。また場合によっては1度の放送回に顧問が2人登場することもあった。, 朝日放送→朝日放送テレビAスタジオによる公開収録(基本的には隔週金曜日夕方より2本録り[注釈 10][44])。最初に局長が自己紹介して秘書が自己紹介、そして局長が顧問を紹介する。ここから局長が探偵たちをフルネームで紹介していたが、西田局長になってからの放送においては探偵紹介を省略することが多くなり、近年は新年最初の放送、探偵及び局長が卒業、就任、復帰する回にのみ行われている。顧問紹介の後、すぐ依頼の紹介に入る。顧問が初登場の俳優や女優の場合は小トークをしてから依頼紹介となっている。1回の放送の中で、約12分程度の依頼遂行VTRを3本流し、それぞれに局長や顧問、探偵らがコメントを付けるのが基本的なフォーマットである。, 秘書が視聴者からの依頼文を読み上げ、局長・顧問が短いコメントをし、その依頼を担当した探偵がVTRを流す前に解説を加えてからVTRに入る[注釈 11]。最初期はVTR中にも探偵のコメント・解説が入っていたが、現在は一切入れていない。小ネタ集やパラダイスなどでは、探偵自らが依頼文を読む場合もある。VTR終了後、出演者のコメントが入り、ジングルが流れ、CMに入る。以前は3本目の依頼の後にCMに入っていたが、現在はCMに入らずそのまま局長・顧問が、今週の総括のようなコメントをしつつ、エンドロールに入るという構成になっている[注釈 12]。2020年7月24日からは次回予告が追加された。, さらに「エンド5秒」と呼ばれる番組終了のテロップの裏に探偵のギャグが入ってその回の放送が終了する(この部分は放送される地域とされない地域がある)。元は放送終了時間まで視聴してもらい、それによる視聴率上昇を目的に始まったものであった。, ほかの番組に見られない特徴に「ジングル後CMにすぐに入らないことがある」というものがある。通常、民放では番組とCMの境にジングルを流して視聴者に知らせている(もしくは、ジングルなどなしで突然CMに入る)。ジングルが入る場合、ジングルが終わるとすぐにCMがはじまるが、この番組ではジングル(声:円広志)終了後も少しの間、探偵と局長などのトークが(長いときは1分以上も)放送され続ける場合がある。このジングルからCMまでの極端に長い時間をとるという演出は、公開収録の段階で直接ジングルを挿入するため番組進行上、ジングルの後に大事な要点や本編より盛り上がるトークがなされた場合、それも含めて編集された上で放送に乗るという作りになっている。, 後述する項目において、インターネットで検索するなり、専門家に問い合わせればすぐに解決できる依頼内容であっても、依頼者や第三者を巻き込んで探偵が直接足を使って調査するといった過程に重点が置かれている。しかし、困難と思われた依頼が予想より簡単に解決したり、逆にすぐに解決できるような依頼が調査途中で迷走したり、調査途中や後になって別な疑問が派生したり、調査結果によっては新たな問題定義が浮き彫りになって大規模調査に発展することもある。時に依頼内容の如何によっては探偵は地道で煩雑な調査に長時間を強いられる場合もあり、決められたVTRの時間内に調査をまとめなければならないがロケの途中で落とし所があいまいになったり、いたずらに時間を費やしてしまう、対象が一般人なので当然取材側の思ったように動かない等の収録上の困難も抱えている。また、番組制作上時間もコストもかけられないために期日内に依頼(取材)を遂行する必要があるため、事故などの危険性の無い限りひたすら撮影し続け照明が切れてもハンドライトで、ハンドマイクが壊れてもガンマイクで、カメラマンが転倒しても撮り直しもカットもせず、物理的に撮影が不可能になるまで収録を続ける、など過酷なものとなる場合が多々あるが、それらも演出や番組制作上、構成や演出の一つとして組み入れられている。, ロケ収録において現場での大まかな進行はあるもののロケ台本は存在せず、番組収録におけるスタジオ構成台本も「OP、局長あいさつ、秘書あいさつ、探偵紹介、取材VTR、以下盛り上がる」といった細かい台詞もト書きも無い大雑把なものとなっている。探偵局発足当初は、取材ロケ撮影の定石通りスタッフがカメラに映り込む、探偵が言い間違える等の度に撮り直していたが、探偵らがその煩雑さに辟易しロケスタッフと交渉、ロケ取材のライブ感を出そうと(他局の)通常ロケならNGである所を許せる範囲内でそのまま取材、一発収録を続行させて取材時間の短縮と探偵、加えて依頼内容と取材対象の即興を活かすことに重点を置いており、他のバラエティロケ番組ではまず見られない機材スタッフが反射面(鏡等)に映り込んだまま撮影取材を続行、通常放送でもスタッフがカメラ映像に直接入り込んでもそのまま放送されている。, オープニングでは、テーマ曲とともに、番組の趣旨が記された以下の文章(局の企画書に書かれていた「番組概要」をベースにしたもの - 「アホの遺伝子」より)が流れる。, 上記の文章が白いテロップでスクロール式に下から上に流れ(「娯楽番組である。」の部分はこの番組があくまでもバラエティ番組であることを強調させるためにわざと改行されてある[45]。)、CG調の番組タイトルのロゴが出る(初期はテロップで描かれていた)。その後、局長、秘書、その週の出演メンバーの探偵局員を紹介。その時、調査を担当した局員には映像の下にその週に依頼された内容のサブタイトルが流れる。, 出演局員を紹介した後は、公開収録のスタジオからの拍手に包まれながら出演者が登場して提供ベース[注釈 13](スポンサーは地域によって異なる、朝日放送テレビなどではスポンサーの表示がない)後にCM→本編開始、というのが現在の基本である。以前は、オープニングから1本目の依頼終了後まで、CMに入ることなく続いていた[注釈 12]。, 本編に入ると再度テーマ曲をBGMに、前述の通り、局長・秘書の自己紹介、顧問(ゲスト)紹介、探偵の紹介が続く。, 依頼が番組に採用された視聴者にはもれなく番組特製の探偵手帳[注釈 14]、会場への観覧者には番組ロゴが描かれた白色と黒色のステッカーがプレゼントされる(それぞれ視聴者に見えるようにして見せている)。桂小枝、長原成樹、松村邦洋の降板直後から松尾依里佳降板までの約4年間はナイトスクープ特製「クリアファイル」がプレゼントされていた。過去の会場プレゼントには「アホ・バカ分布図」や、ノックすると探偵局員達の名前が出てくる「ボールペン」、ナイトスクープ特製「うちわ」「トランプ」「便利5点セット」などをプレゼントしていた時期があった。, 番組の企画段階では、「上岡龍太郎探偵局」や「それいけ!探偵局」という仮タイトルだった。その後、会議でスタッフ全員で議論が行われた。, 会議では、取材に応じやすいタイトルがいいということで、「ナイト」を付けることになった。また「スクープ」は当時『ザ・スクープ』(朝日放送〈当時〉でも放送されていた)など、報道番組のタイトルに「スクープ」が使われることが多かったため、「電話口で『朝日放送のナイトスクープですが…』と言えば、報道番組と勘違いして取材を受けてくれるのではないか」と考えて「ナイトスクープ」に決まった。しかし、それでは娯楽番組とわかりづらいため、「探偵」がタイトルの頭に付けられた。なお、ネット局のほとんどが夜に放送することもあり誤解されやすいが、タイトルの「ナイト」は、夜(Night)ではなく、騎士(Knight)という意味である(Knight Scoop)[46]。 2004年6月18日放送のオープニングでも西田局長が詳しく明言している(その際桂小枝がセットの棚にあるサーベルを取り出し、突き刺すフリをする仕草を見せている)。, 現在の番組タイトルロゴには下に小さい文字の「knight scoop」があるが、初期のタイトルロゴには「knight scoop」がなかった。(「knight scoop」の表示がなかったのは、CM前に表示されるロゴのみ), また、現在オープニングで出てくるロゴは青色で表示されているが、初期は白色で表示されていた。1995年頃からは銀色で表示されるようになった。スペシャル版の時や公式サイトなどでは金色で表示されることが多い。, 出演者の言葉にテロップを付けて強調する手法は現在日本のバラエティ番組で日常的に行われているが、これはこの『ナイトスクープ』が最初に行ったものとされる[注釈 15][46]。ただし、「ナイトスクープ」におけるテロップは、あくまで「ナレーションの代わり」として話題・状況の要約やツッコミを入れたり、聞き取りにくい部分を補ったりする目的で使われているものである。その基準は「入れた方が中身がわかりやすくなり、また面白くて笑いが取れる」とスタッフが判断した箇所に限られており、現在のお笑い番組のように出演者の発言を次から次へとなぞるようにテロップを挿入しているわけではない[46]。またテロップの使用は取材VTR内のみに限定されており、他の番組のようにスタジオ内でのトーク部分でテロップ類を使用することは一切行っていないことからもこのことが窺える。 ヒロアカ 轟 血液型 7, 宝塚 寮 ルール 10, Ti Auguro Felicità 意味 11, いきまり たける アンチ 8, 関屋記念 2020 出走予定 50, フロントメモリー 歌詞 違い 13, 麒麟がくる 女優 薬物 22, Ikea Diy 棚 9, 胃袋 カイリュー Pvp 4, 山口市 成人式 2021 7, 懐かしい テレビ番組 30代 17, Teams ライブイベント 社外 7, Satc ブレディ 赤ちゃん 17, ぴったんこ カンカン 動画 長澤まさみ 10, けん やち R 5, 卒業 先生 寂しい 11, こん とは 2ch 8, Apoe 遺伝子検査 Srl 5, 響けユーフォニアム 誓いのフィナーレ Dailymotion 47, インスタライブ通知 オフ にし ても 来る 4, ダウン症 養子に 出せる 11, ちい この ブログ 懸賞 6, コールマン 295 285 違い 31, 彗星 名前 男の子 5, じゃい 競馬予想 2020 8, 甲状腺癌 肺転移 レンビマ 4, 岡村隆史 車 トヨタ 11, 後藤輝樹 政見放送 全文 14, Egg ろみひ 現在 19, Stag 意味 スラング 6, ヒロアカ 夢小説 同棲 4, お笑い 世代 誰が決めた 32, クイズノック に入る には 11, Acquisition Reform 意味 11, ドラゴンボール カカロット 必殺技 おすすめ 7, オメガ 記号 一覧 4, ブルーオース 大陸版 Tier 14, 速 読英 単語音声 無料 14, Bf3 オンライン 人口 18, 進撃の巨人 4年後 サシャ 6, マイク真木 自宅 千葉 49, 曇天に笑う 外伝 漫画 ネタバレ 5, マイクラ 蜘蛛の巣 作り方 4, 211系 長野 運用 2019 10, バルプロ酸 血中濃度低下 原因 13, G1 レーシング 募集馬 評価 8, 無印 リビング 椅子 11, ブログ 始め方 ヒトデ 17, 還暦 同窓会 憂鬱 4, 東急バス 一日乗車券 モバイルsuica 5, " />
Binani Cement Limited was admitted under Insolvency and Bankruptcy code 2016 as per the NCLAT order dated 14-11-2018, Binani Cement Limited became Wholly Own Subsidiary of Ultratech Cement Limited. The site is under construction.
CEMENT
GLASS FIBRE
INFRATECH
ENERGY
Informative Publishing & Events
 
CEMENT

For Generations to come

Binani Cement is a global supplier of high quality cement with annual production capacity of 11.25 million tons from factories in India, China, and Dubai.

GLASS FIBRE

Discover Your Glass Fiber World

Binani 3B Fibreglass is a technology leader producing innovative glass fibre and composite solutions from facilities in Europe, India and USA.

INFRATECH

Engineering the future

BIL Infratech’s world-class services team executes multiple complex infrastructure projects across geographies, and delivers them efficiently and in record time.

ENERGY

Eco Friendly Powerhouse

Binani Energy produces reliable and eco-friendly energy for Binani companies. It plans to expand capacity and supply power to external industrials units as well.

INFORMATION SERVICES

Informative Publishing & Events

Binani Information Services provides interactive networking opportunities for professionals in the infrastructure industry through premier publications and events.

Binani Industries Ltd.

Emergence of a Global Leader

Binani Industries is a fast growing, multidimensional business conglomerate with sales, manufacturing, R&D operations spread in Asia, Europe, Middle East and North America. It’s diversified businesses deliver products, solutions and information services for industries spanning cement, glass fibre, composites, construction, and energy. read more >

Share